小児皮膚科|どんぐり皮膚科|大岡山駅徒歩1分の皮膚科

top

小児皮膚科

あせも、とびひ、しもやけ、いぼ、水いぼなどは皮膚がまだ未熟なお子さんに多い疾患です。
大人よりも症状の変化が大きく、急なのも特徴的でしょう。お子さんの皮膚については大人以上に配慮が必要です。
日常的にスキンケアを行い、皮膚を刺激から守ることが皮膚病予防として大切です。皮膚の専門家として対応してきた経験を元に、しっかりしたケアについて説明いたしますので安心してご来院ください。

代表的な疾患のご案内

水いぼ

水いぼウイルスの感染によるもので、乳幼児期によく見られます。細かく白っぽい半球状のいぼの中にウイルスがおり、触ったり掻いたりするとどんどん広がります。直接触るだけでなく、タオルなどでも感染すると言われており、幼稚園や保育園での活動に支障が出るため、早期治療をおすすめします。
治療はピンセットでつまみ取ります。強い痛みを伴うため、麻酔のテープをあらかじめいぼの上に貼ってから行います。

とびひ

とびひは、あせもや虫刺され、アトピー性皮膚炎といったかゆみのある湿疹に細菌が感染してジクジクしたびらんになる病気です。細菌のいる病変部位をひっかくことで、周囲に広がります。
治療は抗生物質の内服と症状に応じた外用剤を使用します。石けんを使ってシャワー浴をし、皮膚表面にいる菌を洗い流し、清潔を保ちます。

お子様のアトピー性皮膚炎

皮脂と皮膚水分量が少ないため皮膚が乾燥しやすく、そのため汗、摩擦、食べこぼしなどの皮膚への刺激によわく、痒みを伴う湿疹が良くなったり悪くなったり、繰り返し生じます。足りない皮脂を補うようなスキンケアを行い、刺激から皮膚を守るバリヤーを作ることが必要です。また湿疹はつよいかゆみがあるため、引っ掻いて悪くしないよう、早めに軟膏を塗って治していきます。日常生活で悪化原因があるようなら、なるべく除去していきます。
症状をうまく把握し、日常生活に支障ない状態を維持できるよう、ケアを継続していくことが重要です。
皮膚に優しい石けんなどもご紹介できます。

あせも

気温や湿度の高い環境でくびやひじ、ひざの裏側、腹部や背中、わきの下などにできる細かく赤い湿疹、もしくは透明なごく細かい水ぶくれです。かゆみはある時とない時があります。乳幼児には冬にもみられます。
室温や洋服に注意し、かゆみや赤みがある場合は塗り薬を使用します。

乳児脂漏性湿疹

生後半年前後によく見られる皮膚炎です。顔や頭部にできることが多いです。
この時期に生理的に皮脂が多く分泌されるために生じ、2歳頃までには治癒します。
入浴時に皮脂や汚れを優しくおとし、適切なスキンケアを行います。炎症がひどい場合は必要に応じて外用剤を使用します。

  • 皮膚科
  • 小児皮膚科
  • 美容