大岡山どんぐり皮膚科 一般歯科・小児皮膚科・自由診療

ENGLISH PAGE →

ドクター紹介

院長

やなば  みずき
簗場 瑞貴

1997年国立金沢大学卒業。金沢大学付属病院、富山県立中央病院、虎の門病院で皮膚科医として研鑽を積み、皮膚科専門医を取得。
その後、金沢大学付属病院で悪性腫瘍外来、レーザー外来を担当し、医学博士を取得。都立広尾病院勤務を経て2014年どんぐり皮膚科を開院。

院長あいさつ

2014年4月にどんぐり皮膚科を開院しました。
それまでは大学病院や都立病院で、皮膚科専門医としてアトピー性皮膚炎、湿疹から膠原病、皮膚がんまでさまざまな皮膚疾患の診療に携わっていました。その経験を活かして、来院された患者さんに正確な診断と適切な治療法をわかりやすくお伝えするように日々努めています。

皮膚疾患はすぐ治るものもありますが、長期間の治療が必要なものも多くあります。
どんぐり皮膚科は大岡山駅前で通院しやすく、地域の皮膚科かかりつけ医として患者さんそれぞれの異なるお悩みにきちんと対応できるようにしています。

副院長

やなば  こういち
簗場 広一

1999年東京慈恵会医科大学卒業。金沢大学医学部特別研究生、米国デューク大学研究員、長崎大学医学部助教、東京大学医学部特任講師、東京慈恵会医科大学准教授、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター皮膚科診療部長を経て現職。
東京大学、金沢大学、長崎大学附属病院にて膠原病専門外来、慈恵医大附属病院にて乾癬、レーザー治療、膠原病専門外来を担当。
専門:乾癬、レーザー治療、アレルギー、膠原病

副院長あいさつ

2021年7月より、どんぐり皮膚科の専属となりました診療を行っています。医学部を卒業してから20年以上にわたり、複数の大学病院において最先端の診療を学びつつ、膠原病、乾癬などの難病からアトピー性皮膚炎、乾癬、皮膚がん、うまれつきのあざなど数多くの皮膚疾患の治療を行ってきました。皮膚疾患は命に関わるものも多くありますが、見た目やかゆみなどにより快適な日々に支障をきたすものも多く、健康な皮膚の状態を維持することは、生活の質の向上に重要です。気軽に受診できる当院にて、多くの方々に貢献いたします。